弊社のSDGsへの取り組み

持続可能な開発目標 SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

弊社での取組

従業員の健康のために自社ジムを整備

目標項目

3.すべての人に健康と福祉を

中小企業では、一人一人の業務過多、長時間労働が問題になることも多く、精神的・体力的に負担がかかり、ストレスを抱えやすく、体調を崩してしまう傾向にあります。また、このような現象が解決しないことで、持病等の病が悪化する可能性もあります。株式会社安信では、社員が無理なく働けるようにライフワークバランスを重視し、一人一人の業務内容をサポートできるような体制を整えております。
また、弊社では自社施設として簡単なジム施設を設置しており、社員誰もが体力づくりを行うことができる環境を整えています。
人数の少ない中小企業だからこそ、ひとりひとりが弊社の”財産”です。社員ひとりひとりの健康を守り、健康的に働いてもらえるような環境を常に考え、整えていきます。

従業員一人一人が成長できる体制づくり

目標項目

4.質の高い教育をみんなに 8.働きがいも経済成長も

従業員一人一人の成長は、企業全体の成長につながります。弊社では会社組織の中で結果を重視する人事評価制度をとっており、その中でも、社会人として当然のルール(挨拶や整理整頓、報連相等)の徹底を行っています。これにより、社会で経済活動を行う一員としての最低限のマナーやルールを遵守させるとともに、企業というコニュニティに所属する者としての責任感を持てるようになります。
また、弊社のような経営コンサルタント業では、顧客の業種もニーズも常に変化していきます。この変化に臨機応変に対応できる適応力を養うとともに、顧客企業の経営課題を解決することで、経済成長への一端を担っております。

性別関係なく活躍できる場を

目標項目

5.ジェンダー平等を実現しよう 10.人や国の不平等をなくそう

当社のようなコンサルティング会社でも、近年女性が活躍している場面は多く見られますが、海外に比べると、日本の「ジェンダー・ギャップ指数」は、156か国中120位と先進国の中で最低レベル、アジア諸国の中で韓国や中国、ASEAN諸国より低い結果となっています。株式会社安信では、男性・女性の関係なく、従業員ひとりひとりの能力を活かし、M&Aや補助金サポート等のコンサルティングサービスの担当として配属し、ともに働いています。
また、当社では自社・他社問わず、「働くママをサポートする」という考えから、企業主導型保育事業を行っております。2021年3月には0歳~2歳児を預かることのできる施設を開設し、2022年度には3歳~6歳の児童を預かることができるよう、新たな施設開設の申請を行っております。

皆さんの安全を守る製品づくり

目標項目

11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任

株式会社安信の当初からの事業である「防災商品の開発・販売」では、法人向け・個人向けの防災商品やサービスの提供を行っています。当社の主力商品である小型シェルター「構-kamae-」シリーズは、長年住まわれたおうちの地震対策の一環として、鉄骨構造体が内包された木製家具製品です。家全体の耐震工事やシェルターの建造には膨大な費用が掛かってしまいますが、「構-kamae-」シリーズは普段の生活の一部として使用できるテーブル型、ベッド型、押し入れ型のバリエーションをご用意。日常生活を行う中で突然やってくる地震でも、身の安全を守れる商品として役立ちます。
また、商品を作る立場において、消費者の方はもとより、製造業者、コンサルティング事業における法人のお客様等、サービスを作る上でも提供する上でも、こうした周囲の皆様への感謝の気持ちと責任をもって運営を行っていきます。