株式会社安信は地震対策などの防災グッズをご提案│防災安心相談室

耐震テーブル


【先達の教えから、創造する。シェルターへ変身するテーブル。

わたしたちは、地震が起きた時、「テーブルの下に隠れろ」と教わりました。

しかし、阪神淡路大震災クラスの巨大地震が発生した場合、
一般家庭にあるダイニングテーブルでは、倒れてきた家具や家屋倒壊
の重さには絶えきれず、むしろ危険な避難方法となります。

昔の教えそのままに、お年寄りから小さなお子様まで
とっさに取った行動こそが、一番安全対策になる方法は無いか。

できるだけコストがかからず、導入しやすい方法は無いか。

先達の教えと、つかうひとのまなざしで想像から、創造へ。
こうして、構-kamae-の防災テーブルは誕生しました。


耐震テーブル【自然体】

耐震テーブル【緊急時】


【標準仕様】

天 板鉄骨部:2.3mm曲げ加工
塗料:ポリエステル鏡面セラウッドコート
タモ集成材柾目化粧仕上げ
Hベース錆止め+黒艶消し仕上げ
重 量65kg

建築士が強度計算を行った“ほねぐみ”

【構造・設計について】
一般的なダイニングテーブルの垂直耐加重は40〜100kg。

対して耐震テーブル「構-kamae-」は、3000〜7500倍の耐加重
性能を実現。
日本一の耐荷重を誇る耐震テーブルです。

その秘密は、建築士が強度計算を行った鉄骨による“ほねぐみ”

一般的なテーブルは木製天板を4本の足で支える構造ですが、
構-kamae-防災テーブルは、耐震診断を行ってきた建築士による
安信独自の設計による鉄骨が組み込まれ、
有事の際にはご家族をしっかりと守ります。

【POINT】
・安信独自設計の天板。(特許出願中)
・強度が弱くなる天板中央部には構造柱を配置。
・床面に“H型”に配置した鉄骨構造体による捻れ剛性向上。
・横からの家財の飛来を防ぐサイドガードを備え、
 サイドガードを降ろすことで、
 より強固なシェルター機能を発揮。(特許出願中・意匠登録出願中)

天板バリエーション

 鏡面
 木目

木目の場合は、ウレタン塗料セラウッドコートになります。


「構-kamae-」標準仕様価格(幅×奥行き×高さ)

・1200mm×900mm×720mm
・1200mm×900mm×750mm
・1500mm×900mm×720mm
・1500mm×900mm×750mm
以上4タイプ 定価27万円(税別)
・1800mm×900mm×720mm
・1800mm×900mm×750mm
以上2タイプ 定価30万円(税別)

【オプション仕様】


脚(L型)価格:35,000円 6mm鉄板+6mm鉄板+MDF合板12mm+ヒノキ化粧合板
幕板(サイドガードなし)価格:20,000円 ヒノキ無垢材
幕版(サイドガード付き)価格:100,000円 ハニカムコア入りフラッシュ構造ロック機能付き+ヒノキ化粧合板
塗料(木目鏡面仕上げ)価格:20,000円 ポリエステル鏡面セラウッドコート
Hベース価格:18,000円 化粧仕上げ
耐震マット
(震度7の地震にも対応)
価格: 770円(1枚) 50mm角
価格:3,000円(1枚)100mm角

※居室の床面にテーブル本体をビス固定できない場合は、
 耐震マットをご利用の上、設置してください。

天板バリエーション

 鏡面仕上げ

震災時には「救助を待つ」ことにも備えなくてはいけません。
テーブル天板に防災グッズを収納することも可能です。

防災グッズ収納ネット
価格:12,000円

W400mm×L275mm(2枚)
W200mm×L650mm(2枚)
合計4枚セット
※木ビス止め

【価格表】

防災テーブル 1,200mm×900mm×720mm
1,200mm×900mm×750mm
1,500mm×900mm×720mm
1,500mm×900mm×750mm
以上4タイプ
定価 270,000円(税別)
1,800mm×900mm×720mm
1,800mm×900mm×750mm
以上2タイプ
定価 300,000円(税別)
オプション オーダーサイズ (900mm×1,800mm以下) 定価  30,000円(税別)
オーダーサイズ (上記サイズ以外) ※別途御見積
L 型 脚 5本脚 定価  35,000円(税別)
6本脚 定価  42,000円(税別)
塗料 木目ポリエステル鏡面仕上げ 定価  20,000円(税別)
H ベ ー ス 化粧仕上げ 定価  18,000円(税別)
幕 板 サイドガードなし 定価  20,000円(税別)
サイドガード付き 定価 100,000円(税別)
耐震マット 50mm角1枚 定価    770円(税別)
100mm角1枚 定価   3,000円(税別)
高級銘木仕上げ ※別途御見積

テーブル自体、重そうですが大丈夫ですか?
Hベースが床下の大引きに2カ所以上据え付け、荷重を分散させているので、
一般テーブルに比べ非常に床が抜けにくい構造になっています。
テーブル自体が倒れないですか?
Hベースがボルトもしくは震度7対応粘着マットで据え付けてあるので、大地震でも動いたり、転倒したりしません。