株式会社安信は地震対策などの防災グッズをご提案│防災安心相談室
  • 地震が来た時 あなたは…
  • 布団を被りますか?机の下にもぐりますか?
  • あなたの命を守るにはあまりにも脆弱です
  • 命を守るセイフティーネット
  • 安信の防災システム

  • 安全性・コスト・デザイン・普段使いの機能性。
    全てにこだわった究極の防災家具。

    構−kamae− ブランドについて

    構造の“構”と書いてkamaeと読みます。
    これは、優れた耐震“構造体”であるということと、日本古来の武道用語“かまえ”という言葉から名付けました。

    武道用語の“かまえ”とは、即座に有効な動きができるように整えた姿勢のこと。
    その所作はとても静かで美しく、良いかまえは、即ち“自然体”といわれます。

    つまり普段は自然体ですが、いざというときに、大切な命を守る“シェルター”となる家具。それが“構-kamae-”です。

    安全性・デザイン性・機能性・低コスト
    開発者の想いから生まれた家具です。

    目指したのは安全性。そして美しさと強さの共存。

    流れるような木目。
    まるで鏡のような天板の美しさ。

    その美しさの中に、たいせつな命を守る、優れた防災機能を有しています。

    高級家具を手がける職人と、
    防災のプロが互いのノウハウを結実させた「構-kamae-」

    阪神淡路大震災を体験した開発メンバーが
    本当に使う人の気持ちやまなざしを大切に考え生み出しました。


    高級家具職人の”てしごと”で生み出されます

    ぬくもりを感じる家具職人の“てしごと”

    耐震テーブル「構-kamae-」は、高級家具を手がける職人たちの
    丁寧な“てしごと“よって生み出されます。

    その存在感は防災家具というより、一流デザイナーズブランドの新作家具。
    いえ、それ以上といった佇まいです。

    内部に鉄骨構造体を内包しているとは感じさせない美しい木目と、
    水面のような美しい塗装面。

    日常では、気持ちを豊かにさせてくれる圧倒的な高級感を放ちます。
    もちろん外見だけではありません。

    いわゆるアーティスト(芸術家)の作品ではなく、
    実用本意のアーチザン(家具職人)が手がけているからこそ、
    つかいやすさを第一に考えられ、生み出されています。

    例えば塗装面は、特殊塗料を使用し、高い耐候性・耐汚染性・耐熱性・耐久性を
    実現しています。

    【POINT】
    ・腕の良い家具職人の生み出す匠の技術。
    ・無骨な鉄骨構造体を感じさせない木のぬくもり。
    ・天板にやかんを置いても変色しない日常生活にも嬉しい耐久性。

    安全性・デザイン性・機能性・低コスト
    開発者の想いから生まれた家具です。

    目指したのは安全性。そして美しさと強さの共存。

    流れるような木目。
    まるで鏡のような天板の美しさ。

    その美しさの中に、たいせつな命を守る、優れた防災機能を有しています。

    高級家具を手がける職人と、
    防災のプロが互いのノウハウを結実させた「構-kamae-」

    阪神淡路大震災を体験した開発メンバーが
    本当に使う人の気持ちやまなざしを大切に考え生み出しました。


    高級家具職人の”てしごと”で生み出されます

    ぬくもりを感じる家具職人の“てしごと”

    耐震テーブル「構-kamae-」は、高級家具を手がける職人たちの
    丁寧な“てしごと“よって生み出されます。

    その存在感は防災家具というより、一流デザイナーズブランドの新作家具。
    いえ、それ以上といった佇まいです。

    内部に鉄骨構造体を内包しているとは感じさせない美しい木目と、
    水面のような美しい塗装面。

    日常では、気持ちを豊かにさせてくれる圧倒的な高級感を放ちます。
    もちろん外見だけではありません。

    いわゆるアーティスト(芸術家)の作品ではなく、
    実用本意のアーチザン(家具職人)が手がけているからこそ、
    つかいやすさを第一に考えられ、生み出されています。

    例えば塗装面は、特殊塗料を使用し、高い耐候性・耐汚染性・耐熱性・耐久性を
    実現しています。

    【POINT】
    ・腕の良い家具職人の生み出す匠の技術。
    ・無骨な鉄骨構造体を感じさせない木のぬくもり。
    ・天板にやかんを置いても変色しない日常生活にも嬉しい耐久性。


    鉄と木の特徴

     鉄の特徴
    ■鉄は木に比べて曲がるが、破断しない。
    鉄は強さ(強度)に加えて粘り強さ(靭性)があり、そのバランスに優れ、併せて加工性にも優れています。
    また、塑性領域が大きく、弾性限度を超えても降伏点が複数現れて、急に破断しません。ゆえに住宅の構造にも使用されています。
    弊社の鉄骨構造体はJIS規格SS400「一般構造用圧延鋼材」に合格した厳選された鋼材を使用しております。
    ※引っ張り強度が400~510N/㎟(4080~5202kg/㎠)
    wood1
     木の特徴
    ■木はあたたかみ、やわらかみがあるが限界点を超えると割れる。
    木は「あたたかみ」、「やわらかみ」があり、さらに紫外線を吸収する特性がありますので、目にもやさしく、安らぎを与えてくれます。
    また、他の材料にはまったくない、調湿作用があります。水分を吸収したり放出して室 内の湿度を調整してくれます。しかし、限界を超える重量がかかると、破断してしまいます。
    一般的な量販家具の仕上材はシート合板やメラミン化粧版を使用しておりますが、弊社の構シリーズでは木の長所を最大限活かすために、天然木の柾目突板を使用し、機能性に優れたセラウッド塗料で仕上げております。
    wood2

    日本初!鉄と木の長所を最大限に取り入れた防災家具


    「日本」ではM7以上の地震が30年以内に起こる可能性が70%

    年間6000回以上の地震
    阪神淡路大震災から20年、東日本大震災から4年が経過し、日本は今、地震の活動期にあるといわれています。 平成26年日本周辺で発生したM3以上の地震は、1年間で6000回以上に上り、巨大地震はいつ、どこで起きてもおかしくありません。 しかしながら、1981年以前の旧耐震住宅の耐震化率は全国平均わずか3.8%。 震度6弱で倒壊の恐れがある住宅が1084万棟もあり、南海トラフや首都直下型地震等の巨大災害が懸念されるなか、古い住宅の耐震改修や建て替えは依然として進みません。 理由は様々ですが、耐震対策は気になっていても費用の面で導入しづらい。という人の方のほうが大半を占めるのではないでしょうか。
     
    耐震改修工事の費用
    住宅メーカーによる耐震住宅の研究は進んでいます。新築であれば充分な耐震性を持つ住宅は手に入れられるでしょう。 しかし、新築の耐震住宅を購入できる方は、とても限られてしまいます。賃貸住宅にお住まいの方、今なおローンが残る古い住宅に住まわれていらっしゃる方。 株式会社安信は、地震大国である日本が抱える災害問題の解決に一石を投じるべく、阪神淡路大震災を体験した建築士、防災士、デザイナー、各製造業者が団結し、震災体験者の視点 から既成概念を覆す究極の防災家具を開発しました。
    「日本」ではM7以上の地震が30年以内に起こる可能性が70%

    年間6000回以上の地震
    阪神淡路大震災から20年、東日本大震災から4年が経過し、日本は今、地震の活動期にあるといわれています。 平成26年日本周辺で発生したM3以上の地震は、1年間で6000回以上に上り、巨大地震はいつ、どこで起きてもおかしくありません。 しかしながら、1981年以前の旧耐震住宅の耐震化率は全国平均わずか3.8%。 震度6弱で倒壊の恐れがある住宅が1084万棟もあり、南海トラフや首都直下型地震等の巨大災害が懸念されるなか、古い住宅の耐震改修や建て替えは依然として進みません。 理由は様々ですが、耐震対策は気になっていても費用の面で導入しづらい。という人の方のほうが大半を占めるのではないでしょうか。
    耐震改修工事の費用
    住宅メーカーによる耐震住宅の研究は進んでいます。新築であれば充分な耐震性を持つ住宅は手に入れられるでしょう。 しかし、新築の耐震住宅を購入できる方は、とても限られてしまいます。賃貸住宅にお住まいの方、今なおローンが残る古い住宅に住まわれていらっしゃる方。 株式会社安信は、地震大国である日本が抱える災害問題の解決に一石を投じるべく、阪神淡路大震災を体験した建築士、防災士、デザイナー、各製造業者が団結し、震災体験者の視点 から既成概念を覆す究極の防災家具を開発しました。


    「家にお金をかけたくない、防災はダサい、賃貸住宅だから地震対策なんて出来ない」そんな方にこそ使ってもらいたいと、想いを形にした「構‐kamae-シリーズ」が
    安心と信頼をご提供いたします。


    top_table
    top_bed
    top_closet
    fcp_banner